40代からの毒親育ち脱却宣言 ~物理的・精神的に自立しよう

子供に精神的・肉体的暴力を振ったり、「愛情」という名の過干渉により子供をコントロールしたり、子供に「お前はできない子だから」「バカだね」など否定的な言葉を浴びせ続けて子供のエネルギーを奪う「毒親」。毒親に育てられ、ケアすることができないまま大人になると、30代や40代、あるは50代になっても、生きにくさを感じてしまうことが少なくありません。

「アダルト・チルドレン(AC)」になってしまうのです。

毒親に育てられた人は、自分を肯定することが難しかったり、幸せを掴んだと思ったら手放しちゃったり、モラな異性と付き合ってしまったり、人生がハードモードになりがちです。

あ。。私もそうだ。。って思ってますか??

そう思ったあなたは、気付けて良かったです。もう、あなたは、自由に生きて良いですよ。親の人生を生きるわけじゃないんだから。もう十分子供の義務は果たしたから。

あなたが壊れてしまう前に、毒親から離れて自分の人生を生きていきましょうよ。

自分の人生を生きる覚悟を決める

子供の頃から、自分の意見を言うと怒られたり、何かを強要された時に自分の意志を主張すると「わがままだ」と罵られたりということが続くと、自分の意見を持つ事が出来なくなってしまいます。

自分の選択に自信を持つことも。

でも、毒親から離れて、自分の人生を生きるには、まず「これからは、自分で自分の人生を生きる」と覚悟を決めてください。

「でも、親はもう年も取ってきたし、そろそろ元気もなくなるだろうから、まぁいいや」なんて思っちゃダメです。

親は、元気はなくなりません。それどころか、ますます元気になります、毒親って。

これまで何十年も、あなたを生殺しにしてきた親御さんが、今更弱くなることなんて、ないですから。

だから、「親が変わるかも」なんていう甘い期待を抱くと、失望するだけです。これまで何度も失望してきたように。それより「親が何を言っても、絶対に自分は自分の人生を生きるんだ。親のコピーなんてまっぴらだ。自分は、笑顔で人生を生き抜くんだ」という決意をするほうが確実です。

自立できる力(経済面と精神面)をつける

毒親から離れて、自分の人生を生きるためには、自立できる力をつけましょう。経済的な面と、精神的な面の両方で。

あなたが、毒親にいまだに苦しめられているとしたら、経済的に、または精神的に自立できていないということはないですか?

その原因は、毒親にあるかもしれません。でも、先ほども書いたように、毒親は変わりません。だから、毒親のせいにしたって、何も変わらないのです。

親に「あなたのせいで、私は自分のことを肯定的に考えられなくなって、仕事も長続きしないんだ。結婚もできないんだ」なんて訴えても何も始まりません。それどころか、そんなことを言ったら、逆切れされるだけでしょう。

だから、ここは穏便に、グっと自分の中で「絶対自立してやる」と決めましょう。

今の仕事を絶対に手放さない。もし、仕事をしていないなら、仕事を見つけて一所懸命働く。そしてお金を貯めましょう。お金は自由への切符になります。

精神的な面では、心許せる友達や恋人がいれば良いですが、なかなかそういう人ができないのも、毒親育ちの特徴だったりもするんですよね。その場合は、まずは「絶対毒親から離れてやる」と強く決心すること。

そうやって過ごす中で、友達が見つかったり、趣味の仲間と過ごすようになったり、居場所が見つかっていくこともあります。

私は教会へ行くようになって随分落ち着きました。それだけでなく、聞いてくれる親しい友達に毒親育ちだということを話して聞いてもらったことも良かったです。友達は、心の底から分かってくれるわけではないかもしれません。でも、「そっか。それはひどい。」と一緒に言ってくれるだけで、随分救われるものです。

毒親から離れる方法 ~物理的に離れる

自立できる力をつけ、絶対に毒親から離れる、と決めたら、実際に離れてしまいましょう。

一番よいのは、同居しているならば引っ越すという方法です。引っ越せば、顔を合わせなくて済みますからね。解放感、半端ないですよ!

別居しているのに毒親の影響がぬけない場合は、接触する頻度を減らしたら良いと思います。電話には出ない。メールの返信は、2回に1回位、とか。

合鍵なんて渡して合ったら、変えちゃっても良いかも。あとで「鍵変えたでしょ!?」って言われたら「あ、ごめん。失くしたから変えたんだ」と言って、シレっとしてれば。

色々言ってくるでしょうけど、鍵、渡す必要ないですから。

だって、あなたがせっかく、あなたらしくいられる場所ですよ。あなたの家って。そんなところまで、毒親に乗り込んでこられて、エネルギーを吸い取られる必要、ないですから。

毒親から離れる方法 ~精神的に離れる

引越しや、別居など、物理的に離れることが難しい場合は、精神的に徹底的に距離を置きましょう

人としてのマナーは必要ですが(挨拶とか、困っている時に助けるとか)、それ以上は、親とかかわらないことです。

親とかかわらなくなったことで、薄情な子供になってしまった、なんていう罪悪感は持たないこと

そんな罪悪感を持ったら、せっかく自立しようと決めた決心が、揺らいでしまいます。

大切なのは、親の顔色をうかがって生きるあなたではありません。自分らしく、自分の人生を引き受けて生きると決めたあなたです。そのために、親から距離を置くのだから、薄情でもなんでもありません。

あなたが自立することと、あなたが親にとって薄情な子供になるかどうかとは次元が違いますから、ここはきっぱり、距離を置きましょう。

毒親から離れて、あなたの人生を歩んでいこう

ちょっと私の話を。。

私自身は、子供の頃から親に「いい子」であることを強要されてきました。勉強はできなければいけない。テレビを見てはいけない。何事も一生懸命やらなければいけない。高校は県トップ高校に行かなければならない。

親が厳しすぎたから、友達に「遊ぼう」って誘われても、「何かしよう」って言われても「お母さんに聞いてから」が口癖になった私。

そして、中学では、見事にいじめに遭いました。

その後、親と先生に助けてもらっていじめから抜け出しました。ここは親に感謝しているところです。

でも、その後も、親には怒られてばかり。県トップ高校進学はできましたが、理系科目が苦手な私に、理系進学を強要したり。当然できずに、文系を選択。それなりのレベルの国立大学に進んだにも関わらず、何かあるごとに「これだから文系はイヤだ」と吐き捨てるように言われたり。それも、両親ふたりから。

少しでも私が自分の意見を言うと「何、生意気なことを言っているんだ。子供は親の言うことを聞いていれば間違いないんだよ」とか「誰に育ててもらったと思ってるんだ!」と怒鳴られたりね。

何か自分で努力をして手に入れても、親に否定されてばかりだったので、いつでも自信を持てず、せっかく手に入れたものも、離れてしまうと思い込むようになってしまっていたのでしょうね、知らず知らずのうちに。

大学生の頃は、自分自身が分からなくなり、カウンセラーの先生にお世話になりました。1年留年もしました。

その後立ち直り、就職、結婚、最初の転職、と順調に来ました。

ただ、両親初顔合わせは最悪でした。私の親が、私の悪いところばかりを相手の親に言って、「子供の頃から生意気で」「全然いうことを聞かない子で」「ろくに料理もできないし(←実は得意)」「何にもしつけができていなくて」「どうしようもない娘で」。。。

そう言われて「お父さん、お母さん、もうやめて!!」泣き叫びたくなりました。そんなに、お父さんとお母さんは、私のことをダメな子だと思って育ててきたんだ、と。

それでも結婚生活では二人の子供に恵まれ、共働きで経済的にも豊かで、私自身の親の干渉は少なく、つかの間のびのびできた数年間でした。すごく幸せでしたし。

ところが、今度は元夫の母親による、いわゆる「嫁シュー問題」が、ジワリジワリと勃発。。

数百キロ離れているところに住んでいるのに、毎日のように電話をかけてきて「今すぐ、うちの近くのお店に、私の好きな歌手のCDがあるかどうか、インターネットで調べて頂戴」なんて言われたり。

そうこうしているうちに、元夫の不倫が発覚。毎日罵倒され続けた挙句、よく分からないうちに、一人で外国へ行くとか言い出して、調べてみたら出張していた間、外国に彼女を作っていました。

私も、子供も、邪魔だったのでしょうかね。だから、毎日私を罵倒して、参らせるつもりだったのでしょうか。

今となってはよく分かりません。

が、そういう問題の根底にあったのも、実の親と私との確執。というか、私が毒親育ちで、アダルトチャイルドになってしまい、自分を大切にするという当たり前の自己肯定感がちゃんと育たなかったため、罵倒されたり、元夫の母親にこき使われても、「私が我慢すればいいんんだから」と思うようになってしまっていたためだと思います。

そういうふうに、自分をこき下ろす人を選んでしまうクセがついていたんでしょうね。

30代前半で子供を連れて離婚してからは、リストラにあったり、パワハラに遭ったり、転職早々単身赴任の憂き目に遭ったり。

どうして、こんなにもジェットコースターみたいな人生なんだろう。。。って涙することも多かったです。もっと穏やかな人生が送りたい。ただただ、私は、笑顔で家族仲良く暮らしたいだけなのに。。どうして私ばっかり、、、と。

その後も、紆余曲折はあり、かなりハードモードで過ごしてきました。

そして、45歳でこれが爆発、というか、プチンって切れちゃったのですね。

離婚して幼い子供二人を連れて実家へ戻った私は、「家族のために」「父が一番喜んでくれた」「でも私の適性にはあっていない。すごく苦手な」仕事に就いて10年近く、黙々と働いてきました。

でも、毎日朝から晩までを費やす仕事は、本当に面白くない。「これから先、この職場で何かやりたいことなんてないし。自分の人生なのに。私の人生、どうなるんだろう。。このままで私、自分の夢を見ることもできずに仕事に追われ60歳になって定年退職するのかな。。その頃廃人だろうな。。」

「それはイヤだ!!」と切れて、勢いでネットビジネスを開始し、一時期月収数十万円を上げられるようになったものの、とあるつまずきで失敗。

気付いたときには、詐欺にまで遭い、コツコツと貯めたお金の大半を詐欺師に取られるという、ジェットコースタークラッシュ状態にまで墜落していました。

まぁ、私が未熟だったといえばそれまでです。

でも、そこまで自分を追い詰めなければならないほどに、毒親の呪縛が大きかったと今でははっきりとわかります。親に認められてこなかったので、承認欲求が異常なまでに大きいのですね。

だから、「ネットビジネスで一旗揚げてやる!絶対私にできないわけないでしょ」と、躁状態になってしまっていたのだと思います。絶対成功して、承認して欲しい。そう思い込んでいたのでしょうね。

あれから時間がたった今では、どんなにそのことが危なっかしいことだったかは冷静にわかりますけど。

ただ、そうやって、クラッシュしてみて、やっとわかりました。

私の親は精神的に私をコントロールした毒親ではある。でも、親は、そうやりたいと思ってしたわけではない。さらに、親に経済力があることは、とてもありがたいことで、どんなに私を認めないとしても、経済的に困窮させるところまで陥れないのは、私の親の凄いところだし、親が大切にしていることなんだろう。ここには感謝しても感謝しきれない、ということ。

その後、生活を落ち着かせ、心から楽しいと思える仕事に転職し、身の丈で幸せな暮らしを続けていこうと穏やかな気持ちになることができました。

ただ、残念なことに、私自身が、葛藤を抱えていたおかげで、子供達にとっては私もまた毒親になってしまっているかもしれません。それに気づいたのが、ごく最近のこと。

これからは、自分が毒親育ちであることを自覚して、「自分の代で毒親の呪縛を断ち切るぞ!かあちゃんがんばる!」との決意のもと、親からは離れ、子供達と私の穏やかな生活を大事にしていきます。そういう日々を送りつつあります。

まだまだ、問題がないわけではありません。

でも、「私の代で、毒親スパイラルは終わり!!」と自分自身で決めたことは、すごく大きいです。

だから、あなたも、もし、もうお子さんがいたり、もう30代とか40代、あるいは50代とかそれ以上だったとしても、あなた自身の人生を生きることを諦めないでください。

毒親がくれたことは、確かに辛いことです。

でも、辛いことを乗り切るという強さもくれたのです。

私は、優等生であることを強要されたおかげで、勉強は苦手じゃありません。国家資格を含め、沢山の資格を取れることができました。

ハードモードの人生を送ってきたおかげで、たいていのことではへこたれない、強さというか、鈍感力も身に付きました。

「親から逃げたい!!」という思いで一度した結婚のおかげで、二人の可愛い子供達に出会えました。

あなたも、親御さんのことを考えると、むかつきや怒りしか湧かないかもしれません。そしたら、今はそれでもいい。そういう怒りを存分に大切にしてください。

でも、その中でも、何か一つくらいは、今のあなたにプラスになっていることがあるかもしれません。あればラッキー。そこだけ大事にすればいいです。そこに感謝すればいいです。

そのあとは、「自分の人生を生きる!」と宣言して、行動に移しましょう。

世の中を見回すと、毒親育ち、毒親サバイバラーは、結構、いや、かなり(苦笑)多いです。

身近なところにいなくても、本を読んだりネットをググったりすると、本当に沢山の方々が、毒親に悩まされ、立ち直っています。

自分を育て直し、自分の人生を生きましょう。

あなたになら絶対できます。

一緒に頑張りましょう。

最後に1冊。あなたと同じように毒親サバイバルをしてきた方々の物語をご紹介します。一人じゃないって思えますよ。ご興味があればぜひ読んでみて下さいね。

毒親サバイバル

アルコール依存症の親、暴言と暴力の親、価値観を一方的に押し付ける親、果てしなくお金をむしりとる親、そんな状況を見て見ぬふりする親……。そんな親の元で育ちながらも、親に押しつぶされなかった有名無名11人の、赤裸々な体験談のコミックです。

親と同じ道を選ばないために、全身、全力でサバイバルしていく11人のさまを読みながら、共感と勇気が湧いてきました。

「傷を負って生きてきた人たちが、傷を負い続けないヒントとなりますように。。」という、自身も毒親サバイバラーである作者の願いがあなたにも届きますように。

【こちらの記事もオススメです】

何かと生きづらい。。私って毒親育ち?と思うあなたにおすすめしたい本2選

40代になっても毒親に悩むあなたへ ~自分の人生を生きよう!

 

40代で毒親脱却宣言!したら自分からインナーチャイルドが出ていった!?