転職で手取りが減ったら楽しく節約しよう!「買い物は週1回」節約術

40代での転職が成功かどうか考えたときに、給与が上がるか下がるかはすごく重要です。でも、その仕事に満足したかどうかも大きいと思います。仕事の満足度という面では、前職よりずっと満足できるのならば、たとえ給与が下がったとしても、その点では成功でしょう。

私が45歳で転職した際は、未経験職種への転職だったこともあり、給与は減りました。でもそれまでの仕事は、本当に苦手で毎日「この仕事をするために生まれてきたわけじゃない」と呟きながら仕事をしていたくらいですが、毎日仕事へ行くのが楽しいと思える仕事に転職できたことは本当によかったと思います。ですから、「仕事の満足度」面では大成功です。

ただやはり、給与が下がったのは事実です。そのため、家計を見直す必要が生じました。それについては、下記の記事にも書いていますので、ご興味がある方はぜひお読みください。

40代からでも年収200万円でも貯蓄できる!貯蓄グセの力でお金に負けない

さて、給与が下がったことは、確かに家計的にはデメリットです。でも、入るお金が減ったからと言って、アンハッピーなことばかりでもありません。「お金に合わせて生活することも可能だ」と身をもって知ったのはすごく良い勉強になっています。

「お金に合わせて生活する」ための節約方法として一番効果があったのは「食料品と日用品の買い物は、原則週1回まとめてする」と決めたことです。これによって、無駄遣いも減りましたし、平日帰宅途中にスーパーへ寄ることもなくなり、帰宅時間も早まりました。

そこで今回は、「週1回買い物」節約術についてご紹介します。

「買い物は週1回」と決めて節約!

あなたは、普段の買い物はいつしていますか?毎日習慣のようにしていますか?「あ、あれがないんだ!」とスーパーに寄って、必要なもののほか、あれもこれもと買い込んでいたりしませんか?

私は、仕事を変える前はそうでした。仕事のストレスもあって、仕事帰りにあれもこれもと買い込んで、結局存在を忘れてしまった食材とか、賞味期限を切らしてしまったものとか。。沢山ありました。

でも、転職を機に家計を見直し、「買い物は週1回」と決めてみました

私が普段使っているスーパーは、毎週土曜日は、子育て世帯は5%引きで買い物ができます。また、日曜日の午前中は、スーパー指定のマイバッグを持参すると5%引きになります。まとめて買うと5%引きと言うのはとても大きく助かっています。この5%引きの時にだけ買い物をすることにしたのです。

通常は土曜日。土曜日に買い物ができなかった時は日曜日。どちらか、ともかく「週1回だけ」買い物をするのです。

あなたが行くスーパーにも、そういう曜日によってお得な日等はありませんか?もしそんな日があれば、その日がねらい目です。どうせ同じものを買うなら、お得に買える日を「週1回買い物」の日にしましょう。

1週間分の食材や日用品を買うので、1回の量はそれなりに多くなります。でも、1週間分のやりくりを考えて買うので、無駄は圧倒的に減ります。

子供達にも事情は話してあり、1週間に一度しかおやつのお菓子は買いません。すると、1週間が終わる頃にはお菓子もなくなってきますが文句も言われません(笑)どうしても欲しい時は、彼らは彼らのお小遣いで買うので問題ありません。

こうすることで、節約はできますし、仕事帰りにスーパーに寄ってこない分、帰宅時間も早くなりました。

無駄な買い物をしてしまうと思っているあなたには、本当にオススメの方法です。ぜひ1度か2度、試してみて下さい。ゲーム感覚でやってみると案外楽しいですよ。

「原則」なので、緊急時やどうしても必要な時は必要な分だけ買い物をしても罪悪感を持たない!

「買い物は週1回」と決めますが、どうしても必要なものができてしまったり、牛乳やパン等の賞味期限が比較的短くて、日々消費するものがなくなってしまった場合は、買ってしまっても、罪悪感を持たないことも大切です。

こういう節約術は、「続けること」が大切です。

「続ける」ためには「我慢しないこと」がポイントです。

どうせやるなら、楽しく、無理なく、我慢せず

「買い物は週1回」と決めたって、急に必要なものは発生するものです。ですから、そんなときには、必要な分を買うことはOKにしておきましょう。そうしないと、禁欲的になりすぎて、我慢を重ねて、プチンと切れてしまっては元も子もありません。適当にバッファを持って、楽しみながらやっていきましょう。

貯金額の目標を立ててゲーム感覚で取り組む

「週1回だけ買い物」節約術で節約生活が板についてきたら、貯金額の目標を立てて取り組むことをおすすめします。

私は、週1回だけの買い物を始めて家計が把握できるようになってから、給与額と必要経費を見比べて、最低どれくらいなら貯金できるかを決めて、貯金に取り組み始めました。

まずは毎月の貯金額を決めて、少し長期スパンで、5年後の貯金目標額を決めたのです。5年後の目標額を達成できるかは、まだ取り組んでいる段階なので達成報告はできませんが、具体的な額を決めて将来の見通しを持てたという点で、楽しみが増えました。

また、毎月の最低貯金額を決めてはいますが、月末に〆て余った分もすべて貯金に回してしまいます。すると、予定額より貯まりますよね。これは、ゲーム感覚でやっているので、結構楽しいです。

ちなみに、予定した貯金額は銀行口座で自動積立をしています。

預貯金は、余ったお金でしてはいけません。積極的に、最初に確保することが大切です。

もし、あなたが、自動積立をやったことがないという場合は、ぜひ銀行に相談して、積み立てをすぐに始めてください。強制的に毎月積み立てられますから、これでお金が貯まらないわけがありません。まだやっていない方は、本当にすぐに始めてみて下さいね。

あと、もし1万円でも2万円でも預貯金にまわせる額があるならば、自動積立と並行して、年金保険や投資信託に積立することもオススメです。商品選択をする必要はありますが、商品によっては預貯金よりもずっと増やせる可能性がありますから。

まとめ:どうせなら楽しく節約して、貯金もしよう!

今回は「週1回だけ買い物」による節約術をご紹介しました。

節約方法は、本当に沢山あります。「週1回だけ買い物」節約術は、私にはとても効果的です。でも、あなたには、違う方法が効果的かもしれません。

どんな方法であっても、まずはあなたにピッタリの節約方法を見つけて、家計をとらえ、お金を貯めるきっかけにできたらそれが一番良いと思います。

「節約」から「貯蓄」、さらに一歩進んで安全な「投資」へと進んでいき、より経済的に豊かになって、ゆとりのある人生になれば、すごくハッピーですよね。そんなハッピーな人生へのきっかけとして「週1回だけ買い物」節約術も検討してみて下さいね。