お小遣いが少ない40代ができるだけ安く、たくさん本を読む方法!

本は人生を豊かにしますね。ノウハウや情報の本であれば知識を身に着けることができます。文学系の本ならば心が豊かになります。

また、一見無関係のようですが「お金持ちになりたいならば本を読め」と言われるほど、情報感度を高めたり感性を高めることは、物質的に豊かに生きるためにも大事です。

そうはいっても、本をたくさん読む時にネックになるのが、やっぱりお金。。。という40代の方は結構多いのではないでしょうか。

文庫や新書でも最近は700円~1,000円程度が多いですし、ビジネス系の本やハードカバーの本になると、1,500円以上する本もザラ。40代は子供の教育費や、住宅購入など何かと物入りで自由になるお金も、あるようなないような。。

でも「そんなお金出せない」なんて、読書を諦めるのはまだ早いですよ~!

私は、毎月10冊以上本を読んでいますが、このところ、実際にお財布を開いて本を買うことは限りなくゼロ(^o^)丿 工夫をすれば、安く、沢山本を読む方法はあるんです!

今回は、そんな、本を読みたいけど自由に使えるお金に限られているあなたにおすすめの、安くたくさん本を読む方法をご紹介します。

1.まずは市立図書館をチェック!ネットで蔵書検索&予約が便利

読みたい本が見つかったら、まず、一番安く読めるのは無料で借りること。それには、市区町村立図書館が一番便利です。

「え!?市立図書館なんて、古い本しか置いていないんじゃない?」と思った方もいるかもしれません。

でも、市立図書館には、新しい本や、今売れ筋の本も置いてあります。市区町村立図書館は、市民のための図書館なので、堅苦しい本ばかりじゃなく、今ベストセラーになっている本も結構あるのです。

また、地域にもよりますが、オンラインで書籍検索から予約までできる図書館がほとんど。オンラインで予約をすると、最寄りの分館で受け取れるシステムもあります。

更に、住んでいる市区町村立図書館になくても、他の自治体や県立図書館等との「協力貸し出し」事業を行っている場合で、協力相手の図書館にある本ならば、取り寄せて借りることができる場合もあります。最寄りの市区町村立図書館に問い合わせてみましょう。

なお、カーリル という図書館蔵書検索サイトを使うと、どの図書館にあるかが、あなたの住む自治体以外のところでも検索できます。ご興味があれば、チェックしてみて下さいね。

私は、書店やネットで読みたい本に出合うと、その場で市立図書館のオンライン検索をチェックします。そして、市立図書館にあればそのまま予約。分館に届くのを待って、受け取りに行きます。

これで、読みたい本の7割近くは「無料で」読むことができています。

2.市立図書館になければ、メルカリとamazonマーケットプレイスをチェック!

市立図書館や県立図書館、市区町村図書館の共有貸し出しシステムにない場合は、本を「買う」ことを考えます。

買う時は、できるだけ安く買える所を探します。

本は、綺麗な状態が良いという方にはおすすめできませんが、本は「情報」が命なので、中古でも良いという場合は、新品を買う前に安く買える方法を検討してみて下さいね。

私が一番安く、簡単に、綺麗な状態や、中古の状態が分かりやすく買えると思うのは、メルカリです。

メルカリは、日本最大のフリマアプリで、本も沢山出品されています。古本屋さんとの違いは、どこを通ってきたか分からないというルートの不明がなく安心だったり、きれいな状態の中古本が、比較的安く手に入ることです。

もちろん、中古品ですから、当たりはずれはあります。でも、メルカリは、一回一回の取引で出品者としても購入者としても評価されるので、良心的な方が多いです。書き込みがしてあったり、汚れがある場合は、その旨をちゃんと申し出ないと評価が下がり、最悪取引できなくなってしまので、出品者さんにとっては、正直に状態を言うのは大事なこと。

私はこれまで5冊ほど買いましたが、問題があったりイメージと違ったものは、まったくありません。

メルカリをチェックしたら、amazonのマーケットプレイスをチェックします。

amazonマーケットプレイスは、中古本を取り扱っていて、時に1円+送料で351円なんていう値段で買えたりする本があることもあります。人気の本は、それほど値段は下がっていませんが、人気な本でも折れがあったりすると値段が低めのこともあり、ねらい目です。

そして、メルカリとamazonマーケットプレイスの値段を比べて、安い方で買います。

ちなみに、メルカリの場合、自分が出品して売れた場合、売り上げのお金で買うこともできます。ですから、まずはメルカリに出品して軍資金を作って、そのお金で買うというのもオススメですよ。

私は、自分がメルカリ出品をして売り上げたお金をためておいて、その中から買うことが多いです。そうすれば、実際にお財布を開くことはなく、お得感もアップ!まだメルカリに出品したことがない方は、ぜひやってみて下さい。

メルカリの出品については、下記の記事をご参照下さいね!

捨てる前に待って!メルカリに出品してお小遣いを作る方法。匿名配送OK!

3.「新品を買う」選択は一番最後!リセールバリューを考慮

市区町村立図書館や、協力貸し出しをチェックして、メルカリやamazonマーケットプレイスをチェックしても見つからない場合は、新品を買うという選択を考えます。

その際は、ポイントがついたり、既に持っているポイントを使って一番安く買える所を探します

amazonや楽天、行きつけの書店での取り寄せなど、ご自分が持っているポイントや、利用のしやすさで探してみて下さいね。

また、買うかどうか迷う時は、レビューをチェックします。先に読んだかたがどんな感想を持ったかを知れば、買ってまでして読む価値があるか判断できます。レビューはそんなに高くないけれど、読みたいな~と思ったら、その場で新品を買わず、少し待って、メルカリをチェックすると安く出品されていることもありますので、そこまで待つのもありです。

また、もし新品の本を買う場合、読んでみたけれどやはり、自分にとっては面白くなかったという場合は、メルカリで売ることをおすすめします。

メルカリの利用者は、月間1,350万人。出品したものの半数以上が24時間に売れると言われています。私も売れるものは、ほぼ全て24時間以内に売れています。

ですから、買っても、もし面白くなければ売ろう!という気持ちで新品を買うと良いと思います。高く売れるように、読むときはカバーをつけてきれいな状態で読むことをおすすめします。

4.東京近郊の方は、国立国会図書館で閲覧もおすすめ

東京近郊に住んでいる方は、国立国会図書館で閲覧することもオススメです。

国立国会図書館は、国内で出版された本が全てあります。国内で出版された本は、国に「納本」することになっていて、その本が置かれているのが、国立国会図書館なのです。

ただ、国立国会図書館では、貸出はしておらず閲覧のみです。交通費を払っても本の値段より安いような、高い本を見たい場合には、利用すると良いと思います。

詳しくは、国立国会図書館のサイトをチェックしてみて下さいね。

5.まとめ ~安く、たくさん本を読んで豊かな人生にしよう

今回は、本をできるだけ安く、沢山読む方法をご紹介しました。

本は、人生を豊かにします!知識や感性など内面はもちろん、それを磨くことで自分に力がつき、物質的な豊かさにもつながるのが、読書の凄いところ。

ぜひ、沢山の本を安く読んで、人生を豊かにしていきましょう!

【こちらの記事もオススメです】

捨てる前に待って!メルカリに出品してお小遣いを作る方法。匿名配送OK!