メルカリ初心者が出品して確実に売るために気をつけたい7つのこと

「出品30分で売れた!」「こんなものまで売れちゃった。。」と人気のフリマアプリ、メルカリ

メルカリの利用者は、2019年4月時点で2,216万人。日本の人口が約1億2,000万人ですから、日本人の15%が利用しているという計算!大きなマーケットですよね。

アプリで簡単に出品できてしまうことから、若い人が多いかなと思いきや、利用者は10代~60代と幅広く、売り上げ額については60代の男性が一番高いとか。

ですから、メルカリは若い人だけの特権じゃないのですよ!私達40代にもチャンスありです。

そして、メルカリはこれだけ利用者がいますから、売れるスピードも速いのがメルカリの凄いところ

でも、「なかなか売れない」という声も聞かれるようです。

そこで今回は、アラフィフの私がメルカリ出品デビュー2週間で6品、1万円以上の売り上げを上げることができた経験から、初心者が爆速で確実に出品物を売るために気をつけたい7つのポイントをご紹介します。

1.メルカリでは、売れる商品を売ろう!

初めて初心者がメルカリに出品するときは、同じものがメルカリで販売された実績があるかをチェックしましょう。

もし、あなたが初心者でない場合は、見せ方や売り方の工夫ができるかもしれません。でも、初心者の場合は、最初からオリジナリティを出すのは難しいです。

ですから、何か出品しようと思ったときに、その商品がメルカリで流通、販売されている実績があるかを検索して、流通していることを確認してから出品するほうが無難です。

メルカリでは、取引をするたびに、出品者・購入者ともに、相手を評価します。「良い」「普通」「悪い」の三段階で、「良い」が多い方が、取引相手として安心だとみなされ、新たに出品したときにも有利です。

ですから、まずは、確実に売れる商品を出品して手堅く売って実績を作り、「良い」評価をもらってその後の出品を有利にすることを心がけると、継続して売れていくと思います。

2.メルカリでは、売れる値段で売ろう!

メルカリで出品するとき、値段は自分でつけます。

その時、絶対やってはいけないのは「いくらで買ったから、いくらで売りたい」と、自分で決めることです。

メルカリはフリーマーケットなので、自分の売りたい値段で売ることはできます。でもやはり、この中でどれくらいの価格で流通しているかをリサーチすることはすごく大事です。

また、商品を出品するためにメルカリのアプリやサイトで登録すると、「売れやすい価格」が表示されます。

でも、その価格をそのままつけるのではなく、実際にどれくらいの値段で売れているのか、リサーチしましょう。

そして、同じ商品がどれくらいで売却されたのかもチェックしましょう。

リサーチは、メルカリの商品検索窓で、商品名を入れて検索すれば簡単にできます。

「Sold Out」という赤いマークがついている商品は、既に売れたものですので、それをチェックすれば大体いくらで売れたのかが分かります。

また、出品中のものの値段を見れば、今、どれくらいの値段で出品されているかがすぐに分かります

私は、今、出品中のものの値段を見て、一番安い価格より数十円下げた値段で出品するようにしています。

売れる商品を、売れる価格で出品すれば、ものによっては数分で購入してもらえます。

3.メルカリでは、検索キーワードに引っかかる言葉を商品名にも紹介文にも入れよう!

メルカリでは、商品を欲しいと思う人に、検索される必要があります。

ですから、商品名や、検索して欲しいキーワードを、商品タイトルと本文にしっかりと入れて書きましょう。

たまに、商品名が中途半端に書かれているものを見かけますが、それだと検索されても引っかからない場合があると思います。

写真があるからいいやと思わずに、しっかりと商品名を書きましょう。

4.メルカリ出品では、明るい写真を撮ろう!

メルカリでは、必ず商品の写真を撮って掲載することになっています。

その時、商品の写真は、できるだけはっきりと明るく撮りましょう

掲載できる写真は4枚まで。私は全て1枚だけで売れましたが、例えば、使用感がある場合、商品紹介にそれを書いたら、その部分をアップして掲載すると誠実な感じがします。

例えば、本の場合「帯に一部ヨレがあります」と商品紹介に書いて、その部分を写真に撮って掲載するなどです。

また、写真のトーンは少し明るめにしたほうがキレイに見えます。明るい方が印象が良いので、同じ商品が並んだ場合、明るい写真の方が魅力的に見えます。

写真を撮る時間帯を、夜ではなく昼にしたりするだけで改善できますから、少しの手間をかけて、より商品を魅力的に見えるように工夫をしましょう。

5.メルカリ出品の紹介文は、相手に伝わりやすく商品の状態を書こう!

メルカリに出品する商品の紹介文は、商品の内容と状態を相手に伝わりやすく丁寧に書きましょう

衣服の場合は、素材やサイズ、洗濯機洗いの可否、着丈や、自分の身長、体重等で着心地はどうだった、等。

本の場合は、本のバーコードを読ませることで本そのものの商品内容は、自動で入力されます。でも、そのほかに、どんな内容の本で何が学びになったか、本の状態なども書き添えると良いでしょう。

6.メルカリ出品では、送料は出品者負担が基本!

メルカリに出品するとき、送料は出品者負担なのか、購入者負担なのかを表示します。

メルカリでは、送料は出品者負担が圧倒的に多いです。ですから、送料は出品者負担にして、送料も加味した値段をつけると良いです。

なお、送料は「ゆうゆうメルカリ便」「らくらくメルカリ便」にするとお得です。

また、メルカリ便は、お得なだけでなく基本的に「匿名配送」なので、相手に住所や名前、電話番号が分からずに済むので安心です。

配送方法の詳細は、下記をご参照ください。

  • ゆうゆうメルカリ便 :郵便局かローソンで配送。小さいサイズがお得。
  • らくらくメルカリ便 :ヤマト運輸、セブン、ファミマ、宅配ロッカーPUDOで配送。集荷依頼もできます。
  • 大型らくらくメルカリ便 :ヤマトホームコンビニエンスが配送。集荷してくれて送料は全国一律。家具や自転車など、大きいものの配送に。

7.メルカリ出品時には、プロフィールを書こう!

メルカリのマイページには、プロフィール書く欄があります。

初心者の場合、何を書いたら良いのか分からずに放置している方もいますが、ここは何かを書いておいた方が良いです。

「初めまして!ご覧頂きありがとうございます。よろしくお願いいたします!」といったシンプルなものでも大丈夫。

と言うのは、まれに、初心者のため実績がなく、プロフィールも書いていないだけで、安心して取引できる相手か分からないために、ブロックされてしまうこともあるからです。

ですから、ちゃんとアクティブに誠実な対応を心がけていますよ、ということを示すためにも、初心者のうちからプロフィール欄は書きましょう。何か付け足す場合は、取引をしながら変更を加えていくと良いでしょう。

まとめ ~初心者がメルカリで確実に速く商品を売るための7つのポイント

今回は、メルカリ初心者が、出品して確実に速く売るための7つのポイントをご紹介しました。

これからメルカリで何か売ってみようと思っている方、出品したけれどなかなか売れない方の参考になれば幸いです!

なお、あなたがこれからメルカリに登録する場合は、私からの紹介コード「CRNEBT」を入れて登録すると、300ポイントがもらえますのでご利用下さいね。

※2019年11月6日~は、紹介コードを入れてメルカリ登録&メルペイ登録をすると、300ポイント+1,000ポイントの、合計1,300円

新規出品手数料実質無料キャンペーン中

【追加のお知らせ】
メルカリでは、2019年12月1日まで販売手数料実質無料キャンペーン中です。
通常10%の販売手数料が、期間中に出品・販売すると1,000円を上限にポイントバック!ポイントでお買い物もできてオトクです。

新規登録は、コチラ紹介コード CRNEBT の入力をすると、さらに300+1000ポイントもらえます。

※紹介コードを入れても、私にはどなたが登録したかは分かりませんので安心してご利用下さい。

メルカリのサイトはこちらからどうぞ!

【こちらの記事もオススメです】

捨てる前に待って!メルカリに出品してお小遣いを作る方法。匿名配送OK!